2018年 年頭に寄せて♪

  • 2018.01.02 Tuesday
  • 11:15

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

あけましておめでとうございます。

2018年がスタートしましたね。

むつ下北は穏やかなお正月を迎えております。

 

年賀状の集合写真

 

さて、私事ですが昨年の暮れに専務から代表取締役社長に就任いたしました。

長年「専務」と呼ばれてきたので、「社長」と言われてもまだまだ不慣れでございます(笑)。

 

もちろん父も「会長」になりましたが、元気さはいつも通りでございます(笑)。

体制は別段大きく変わってないのですが、私の中で『意識』は大きく変わったような気がしています。

 

さて、今の時代私たち呉服屋さんに求められる役割とは?

さて、このお店という船をどちらの方向へ向けて行くのか?

さて、このスタッフとどうやって進んで行くのか?

 

まだまだ暗中模索ですが、一つだけはっきりしている事があります。

 

それは

『着物ファンを増やす!』という事です。

 

世の中が物凄いスピードで変化しています。

和装文化に対する価値観も大きく変わりました。

そんな『現代』において『着物っていいな!』と思ってもらえたり、着物に袖を通して頂ける方を一人でも増やしたいと思っております。

その為に出来ることを沢山考え、提案できる年にしたいと考えております。

どうぞ皆様、今年一年よろしくお願い致します。

 

招き犬と龍村美術織物の戌

 

■新春初市 1月3日(水)より

お楽しみ『サイコロゲーム♪』で運だめし!もれなく記念品プレゼント♪

皆様のご来店お待ちしております。

 

 

きもの後藤のホームページもご覧ください

http://kimono-goto.com/

■電話0175-22-2647

 

おかげさまで創業50周年

  • 2016.01.05 Tuesday
  • 12:37
JUGEMテーマ:着物 きもの


新年おめでとうございます。

若松一本


おかげさまで弊店は今年で創業50周年を迎えました。

これもひとえに長年にわたるお力添えの賜と厚く御礼申し上げます。
本年も社員一同皆様に喜んで頂けるように励んで参ります。


今年も着物でお出掛けイベントして、着物パーティーや観劇バスツアーを開催します。
また、2016年は申年なんで、着物でウキッウキッ♪しながら(笑)、
お出掛けする機会をもっと増やしたいなあと考えております。

どうぞ本年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い致します。

誂え浴衣は愉しみがいっぱい

  • 2015.06.20 Saturday
  • 22:11
JUGEMテーマ:着物 きもの

今年もゆかた屋がオープンしました(^^)/。
女性用だけでなく、男物や子供用まで選りすぐりの新作浴衣をたくさん展示しています。


ゆかたの反物ずらり

当店に入ると浴衣の反物がズラリと並んでいます。
というのも、当店の浴衣は寸法を測って反物からお作りする『お誂え浴衣』がメインになっているからです。

デパートやショッピングセンターに行くと特設会場でハンガーに吊り下げられた既製品の浴衣をよく見かけますね。
(もちろん当店でも取り揃えておりますが、)そのほとんどが『標準寸法』というサイズに仕立ててあり、すぐに着られるので有難くて便利なんですが、着心地という点では誂えたものとは全然違います。

自分の寸法に合わせてお仕立てする『お誂え浴衣』は大変着心地が良いんです。

そして自分専用に誂えた浴衣は気分が違います!

寸法を測ってジャストサイズでお仕立てしますので、既製品だと寸法が合わないで困っている方、
例えば背が高い方、小柄な方、ふくよかな方、超スリムな方、かっぷくが良すぎる男性方には特にお薦めです。

男の反物写真

『お誂え浴衣』は仕立屋さんが丁寧にお仕立てするので、縫製がしっかりしていて丈夫です。
その分、丁寧に一針一針縫い上げるので、出来上がりまで1か月ちょっと お時間を頂いております。

ですので、「まだ6月だし〜」なんて思わないでお早目にお考えください。
今 浴衣を選んで頂きますと、ちょうど花火大会や夏祭りの頃に出来上がって参ります。

それに今なら、たくさん揃っている中からじっくり選ぶことができますし、出来上がるまでワクワク愉しめますし、早いほうがメリットがいっぱいなんですよ〜。

今年の夏はご自分だけの『お誂え浴衣』でお出かけしてはいかがですか?
それでは皆様のご来店、お待ち申し上げております。<(_ _)>

大正友禅ゆかた

私の好きな着物

  • 2013.03.15 Friday
  • 18:24
JUGEMテーマ:着物 きもの


私の好きな着物紹介。

一見普通の『小紋』に見えますが、実はさりげなく『付下げ』のように柄の配置が決まっている『付け下げ小紋』です。
付下げ小紋001
出来上がると柄はすべて上向きになるようにちゃんと柄付けがされています。

付下げ小紋002

付下げ小紋は『付下げ』というよりは『ほぼ小紋』という感じです。
小紋のように柄数が多いうえに、柄に上下の向きがあり、衿や袵まで方向を一致させなければなりません。
ということで実は普通の付下げ以上に手が掛った染め物になっております。

付下げ小紋003

実際の反物を見てみますと袵の部分がさりげない範囲で柄合わせが出来ております。
ちなみに柄合わせの関係上仕立屋さんも大変ですので、付下げと同じ扱いになりますね。

付下げ小紋004

総柄で華やかですので、着物の楽しみが膨らむ一品だと思いますが、残念ながら、現在の着物市場では、このような『付下げ小紋』ってあまり作られておりません。
手間暇かける割に『ほぼ小紋』なので、一般的なニーズが少ないのと加工賃もかかってしまいますので生産はあまりないと思います。

ということで、一見小紋に見える『付下げ小紋』は、作る手間や仕立てる手間のかかる着物ですが、そんな風を思わせないさり気なさが日本人の奥ゆかしさを感じさせてくれます。そんなニッチな感じの付け下げ小紋は私のお気に入りです。

そして、この付け下げ小紋も出来上がりが楽しみです!(^^)!。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

きもの後藤 店舗外観

きもの後藤MAP

編集者:きもの後藤  三代目 後藤 憲和

ブログ担当の専務

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM