可愛い夏の女児「のしめ」

  • 2019.06.14 Friday
  • 12:57

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

「のしめ」ってご存知ですか?

赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈るお参りの時に、お祖母さんやお母さんが赤ちゃんを抱いて、上から掛けて着せる着物のことです。

 

絽女児のしめ(赤)001

 

6月に出産、夏場に着用する女児「のしめ」のお話を頂きました。

夏場なので、「のしめ」も夏物を、とのことでした。(※写真はサンプル品です)

 

絽女児のしめ(赤)005

生地が絽目になって透けているのが分かりますか?

 

絽女児のしめ(赤)003

 

横に白いラインが見えますが、絽目といって夏の生地の特徴です。

絽目は通気性が高く、透けた見た目が涼やかさを感じます。

 

絽女児のしめ(赤)004

 

大人の着物と同じで、生まれたばかりの赤ちゃんにも夏物があるんです!

ただし合理的な現代では、夏用の「のしめ」は生産も注文も非常に少ないです。

でも、衣装タンスの中からこの「のしめ」が出てきたら、その子の為に夏場にお参りをしたのが分かりますね。

 

そんな「のしめ」について。

 

当店では、女の子用なら「女児のしめ」、男の子なら「男児のしめ」と言って長年お客様にお話ししてきたのですが、いざネットで「のしめ」を調べると「のしめ(熨斗目)」は武士の着用する着物、または能装束や狂言装束のことだと表記され、お宮参りの着物についての記述はありません。

実は「のしめ」って業界用語らしく、正式な言葉ではないようなのです(^_^;)

 

なぜ「のしめ」って言うのだろう?と調べてみたところ、

模様の配置が、能装束の熨斗目模様と同じだから、その名前がついたと言うもの。

他には、お祝いを表す「束ね熨斗模様」のものが多いことから「熨斗目(のしめ)」と呼んでいると言うものもありました。

 

あかりちゃん振袖姿001

上記写真は「束ね熨斗模様」のお振袖。古典柄の代表格の柄で、とってもお目出度いので、振袖や留袖といった礼装の着物によく使われています。

 

 

という事で「のしめ」は一般的には「祝い着」「お宮参りの着物」「産着」「初着」などと呼ばれています。

 

 

ちなみにお宮参りとは…

産土参り(うぶすなまいり)と呼ばれ、赤ちゃんが生まれた土地の守り神である産土(うぶすな)神様にお参りをして健やかな成長を祈願すること。お母さんの安産のお礼参りも兼ねてお参りをする方もいます。

 

 

産土参り(うぶすなまいり)とは…(コトバンクより)

産土神に詣(もう)でること。特に、生まれた子供が初めて産土神に参ること。地方により参拝日は生後100日目、また男児32日目、女児33日目などと異なる。お宮参り。うぶすなもうで。うぶがみもうで。

 

以上、長くなりましたが「のしめ」の素朴な疑問についてでした(笑)

 

 

******************************

 

 

後藤では着物専門店ならではの夏の着物を多数ご用意しております。

また、季節の着物取り合わせやコーディネート相談、タンスの着物相談『タンスコンシェルジュ』も承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。


青森県むつ市金谷1丁目14-19
電話0175-22-2647
定休日:水曜日

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

きもの後藤 店舗外観

きもの後藤MAP

編集者:きもの後藤  三代目 後藤 憲和

ブログ担当の専務

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM