裃の修理承ります

  • 2019.06.23 Sunday
  • 14:48

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

夏が近づき、お祭り準備が始まる頃となりました。

お店で時々依頼を受けるのが『裃(かみしも)の修理』です。

裃002

胸に家紋が入り、肩の部分が三角に尖がった裃の上の部分を肩衣(かたぎぬ)と言い、下にはく袴とセットで『裃』になります。

その肩衣(かたぎぬ)の骨?の部分が折れたので直してほしいという依頼を受けることがあります。

裃の骨が折れている状態
肩の部分の骨が折れているので、着用すると形が崩れてしまいます。
どんなものでも使えば傷むものです。
折れた竹ひご折れた01
折れている骨を取り換えることで、元の通りに格好良くなります。
下衣の袴も踏んづけて縫い目が切れたり、ほつれたり結構傷んでいる場合があります。
そのように傷んでしまった場合も、縫い直してしっかり補修致します。
コメントイラスト
お祭り前にお持ちの裃が傷みがないか確認してみてはいかがでしょうか?
どうぞお気軽にご相談ください。
裃001
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

きもの後藤 店舗外観

きもの後藤MAP

編集者:きもの後藤  三代目 後藤 憲和

ブログ担当の専務

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM