後藤のこだわり浴衣 前編:水通しについて

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 06:26

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

夏祭りや夕涼み会など、浴衣の似合う季節となりましたね!

さて、当店の誂え浴衣は、実はとってもこだわっている事があります。

それは『水通し加工』です。

 

一般的な誂え浴衣は、お買上→採寸→仕立て→完成

当店の誂え浴衣は、 お買上→採寸→水通し加工→仕立て→完成

となります。

 

この水通し加工をすることによって、

●生地の風合いが良くなり着心地が抜群!

●色落ちしにくくなる

●仕立てた後に生地が縮まず、寸法が狂いにくくなる

などメリットが沢山あります。

 

せっかくの誂え浴衣なので、生地本来の着心地を味わってほしいと思い、水通し加工をするようになりました。

それでは、こだわりの『水通し作業』を順を追って紹介します。

 

_湛前(お買上の状態)

雪花絞りお買上

 

検品して折り畳む

検品して折りたたむ

 

 

 

たっぷりと水に浸す

水に浸した画像

 

 

ぜ蠕いで糊を落とします。水を入れ替えて何度か繰り返します。

(洗剤は使いません)

手洗いでザブザブ

 

 

タ紊ら出して軽く絞る

(まだ水をたっぷり含んだ状態です)

水から出して軽く絞る

 

 

η┐譴神乎呂鮗蠅脳しずつ整えます

濡れた生地を手で整える

 

 

Тイい辛曚如⊃綉い魑曚ぜ茲蠅泙

タオルで少しずつ水を吸収

 

 

┫箸膨澆襪靴憧海掘⊆然乾燥させる

竿に吊るして干す

 

 

★ここがポイント!

吊るした浴衣の山と谷の部分に糊ムラが出ないように、1時間ごとに山をずらして丁寧に乾かします

浴衣をずらしながら乾燥させる

 

 

出来上がり!

9割がた乾かしてからルーズに仕上げます。 できるだけ生地の自然な風合いを重視しています。

水通し完成

 

これでようやく水通しの完成です。

この後、いよいよ仕立て屋さんが寸法に合わせて縫い上げて行きます。

『水通し加工』は、たった一工程ですが、とっても大切な作業になります。

当店の誂え浴衣は、このようにお客様を想い、手間を惜しまず一反一反丁寧にお作りしています。

 

今年はあなたも当店の『こだわり浴衣』を着てみませんか?

 

※『誂え浴衣』は仕立上るまで時間がかかりますので、お早めにご用命ください。

(仕立て状況にもよりますが1週間〜2週間ぐらい)

 

***********************************

 

後藤では着物専門店ならではの夏の着物を多数ご用意しております。

また、季節の着物取り合わせやコーディネート相談、タンスの着物相談『タンスコンシェルジュ』も承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。


青森県むつ市金谷1丁目14-19
電話0175-22-2647
定休日:水曜日

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

きもの後藤 店舗外観

きもの後藤MAP

編集者:きもの後藤  三代目 後藤 憲和

ブログ担当の専務

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM