沖縄の染織作家を訪ねてぁ[圧綛鳩薪租工芸士 金城 盛弘さん

  • 2014.07.11 Friday
  • 22:54
JUGEMテーマ:着物 きもの

二日間にわたる沖縄の染織作家を訪ねる旅もいよいよ最後となりました。
最後にお邪魔したのは琉球紅型伝統工芸士の金城盛弘先生の工房です。
金城さんの工房は、那覇市内の閑静な住宅街の一角にありました。


琉球紅型金城工房001

私たちがお邪魔した時はちょうど名古屋帯を製作中で、真剣な眼差しで糊伏せ作業をしていましたが、とても集中力と根気が要る作業なのだという印象を受けました。
落ち着いたところで先生から琉球紅型の工程や彩色などの特徴について、いろいろとお話をして頂きました。


琉球紅型工房002

また、工房内にある蒸し器や水元なども順番に説明をして頂き、大変勉強になりました。
京友禅のように分業ではなく、ほとんどの作業を自分たちでこなす琉球紅型は大変な手間だと思いました。
また、金城先生は伝統的な琉球紅型にとどまらず、着物を着る方の立場に立った色・柄を求めて、京都へ赴き京染めの勉強をした経験もあるそうです。
真面目で探究心の強い金城先生ですが、何よりとても穏やかな方で、物腰の柔らかい話し方をされるので、話を聞いているだけで癒されました(笑)。

鳥のさえずりが聞こえるゆったりとした工房で、とても居心地が良く あっという間に時間が過ぎてしまいました。
この環境だからこそ素晴らしい琉球紅型が染め上がるのでしょうね。
金城先生、大変有難うございました。

琉球紅型金城工房003

以上でこの度の「沖縄の染織作家を訪ねる旅」は終わりとなりますが、琉球染織の奥はまだまだ深いので、機会を見てまた足を運びたいと思います。
この度沖縄で出会った皆様、素敵な出会いに心より感謝申し上げます。
お世話になりまして誠に有難うございました。m(__)m
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

きもの後藤 店舗外観

きもの後藤MAP

編集者:きもの後藤  三代目 後藤 憲和

ブログ担当の専務

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM