可愛い夏の女児「のしめ」

  • 2019.06.14 Friday
  • 12:57

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

「のしめ」ってご存知ですか?

赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈るお参りの時に、お祖母さんやお母さんが赤ちゃんを抱いて、上から掛けて着せる着物のことです。

 

絽女児のしめ(赤)001

 

6月に出産、夏場に着用する女児「のしめ」のお話を頂きました。

夏場なので、「のしめ」も夏物を、とのことでした。(※写真はサンプル品です)

 

絽女児のしめ(赤)005

生地が絽目になって透けているのが分かりますか?

 

絽女児のしめ(赤)003

 

横に白いラインが見えますが、絽目といって夏の生地の特徴です。

絽目は通気性が高く、透けた見た目が涼やかさを感じます。

 

絽女児のしめ(赤)004

 

大人の着物と同じで、生まれたばかりの赤ちゃんにも夏物があるんです!

ただし合理的な現代では、夏用の「のしめ」は生産も注文も非常に少ないです。

でも、衣装タンスの中からこの「のしめ」が出てきたら、その子の為に夏場にお参りをしたのが分かりますね。

 

そんな「のしめ」について。

 

当店では、女の子用なら「女児のしめ」、男の子なら「男児のしめ」と言って長年お客様にお話ししてきたのですが、いざネットで「のしめ」を調べると「のしめ(熨斗目)」は武士の着用する着物、または能装束や狂言装束のことだと表記され、お宮参りの着物についての記述はありません。

実は「のしめ」って業界用語らしく、正式な言葉ではないようなのです(^_^;)

 

なぜ「のしめ」って言うのだろう?と調べてみたところ、

模様の配置が、能装束の熨斗目模様と同じだから、その名前がついたと言うもの。

他には、お祝いを表す「束ね熨斗模様」のものが多いことから「熨斗目(のしめ)」と呼んでいると言うものもありました。

 

あかりちゃん振袖姿001

上記写真は「束ね熨斗模様」のお振袖。古典柄の代表格の柄で、とってもお目出度いので、振袖や留袖といった礼装の着物によく使われています。

 

 

という事で「のしめ」は一般的には「祝い着」「お宮参りの着物」「産着」「初着」などと呼ばれています。

 

 

ちなみにお宮参りとは…

産土参り(うぶすなまいり)と呼ばれ、赤ちゃんが生まれた土地の守り神である産土(うぶすな)神様にお参りをして健やかな成長を祈願すること。お母さんの安産のお礼参りも兼ねてお参りをする方もいます。

 

 

産土参り(うぶすなまいり)とは…(コトバンクより)

産土神に詣(もう)でること。特に、生まれた子供が初めて産土神に参ること。地方により参拝日は生後100日目、また男児32日目、女児33日目などと異なる。お宮参り。うぶすなもうで。うぶがみもうで。

 

以上、長くなりましたが「のしめ」の素朴な疑問についてでした(笑)

 

 

******************************

 

 

後藤では着物専門店ならではの夏の着物を多数ご用意しております。

また、季節の着物取り合わせやコーディネート相談、タンスの着物相談『タンスコンシェルジュ』も承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。


青森県むつ市金谷1丁目14-19
電話0175-22-2647
定休日:水曜日

夏の着物紹介 No.002『シンプル夏大島』

  • 2019.06.08 Saturday
  • 11:35

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

まだ6月ですが汗ばむ日が続いていますね。

これからの季節のぴったりな夏着物のご紹介。

 

No.002 【シンプル夏大島】
夏大島紬&夏名古屋帯001-01
透かし織りになった夏着物は実は大島紬なんです。
淡い水色に加え、透かし織りで表れた網の目のような模様が涼やかさをアップさせています。
夏大島紬&夏名古屋帯003-01
おそらくこの着物を大島紬だと分かる方は少ないと思います。
大島紬というと泥染めや絣のイメージが強いですが、最近はこのような新感覚な大島紬が生み出されています。
シンプルで軽やかに着まわせる夏大島紬、この夏にいかがでしょうか?
夏大島紬&夏名古屋帯002-01
夏大島に合わせた帯は、透け感のある染め夏名古屋帯です。
黄色と水色の草花が描かれていて、ポップで楽しくなる帯ですね。
帯芯を入れて仕立てるので、もう少し明るく軽やかになります。
#シンプル夏大島 #夏大島紬 #夏きもの #夏名古屋帯

***********************************

 

後藤では着物専門店ならではの夏の着物を多数ご用意しております。

また、季節の着物取り合わせやコーディネート相談、タンスの着物相談『タンスコンシェルジュ』も承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。


青森県むつ市金谷1丁目14-19
電話0175-22-2647
定休日:水曜日

 

季節の変わり目、どうする?着物と帯の取り合わせ

  • 2019.06.01 Saturday
  • 10:14

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

今日から6月。

着物の着こなしルールとして、6月からは『単衣(ひとえ)』の着物を着用することになります。

『袷→単衣→薄物』と移り変わる着物と帯や小物の取り合わせを一覧にしてみました。

 

 

季節の着物取り合わせ表

 

6月は暑からず寒からずの気候ということで、裏地のつかない『単衣物』を着用するのが慣例になっています。

 

お洋服やスーツでも冬服と夏服の間に着る服があり、

以前は「合い服(あいふく)」「合着(あいぎ)」「間着(あいぎ)」などと呼ばれてました。

ご年配の方はよくご存知ですが、最近はあまり耳にしなくなりました(^^;)。

そんな合い服と同じ意味合いの着物が『単衣の着物』です。

 

袷の着物と単衣の着物画像

 

一年の中で盛夏(7月・8月)を挟んだ6月と9月に着る単衣の着物。

表からは同じに見えますが、裏地がない分軽やかで涼しい着こなしになります。

 

袷の着物と単衣の着物画像(撫松庵)

 

『これから暑くなりますよ〜』と季節に先駆けて少しづつ装いを軽やかにして快適に過ごすための工夫なのだと思います。

 

 

ただし、このルールは絶対という訳ではありません!

来店されるお客様の着用の仕方も様々です。

 

 

例1)5月下旬

まだ袷(あわせ)の時期だけど、暑いから単衣の着物+袷用の帯を着用する方

 

例2)6月上旬

単衣の着物を着るけど袷用の帯を着用する方

 

例3)6月上旬

単衣の時期だけど、まだ上旬だから袷の着物を着用する方

 

※ちなみに披露宴の場合、会場のエアコンが完備されているため、季節に関係なく親族の方はほとんど『袷の留袖』を着用しています。

 

四季を大切にするお茶席であったり、伝統を受け継ぐ立場にある方は、着物で季節を表現することも求められますが、一般の方はあまり重く受け止めないで頂きたいと思います。

着物姿はそれだけで気持ちの表れを感じます。間違いなく先方さんに喜ばれますし、会場も華やかなものになります。

機会があれば、ぜひ着物でお出かけ頂きたいと思います。

 

(もちろん当店では単衣や絽の黒留袖にも対応しております!)

 

***********************************

 

後藤では着物専門店ならではの夏に向けた着物を多数ご用意しております。

また、季節の着物相談やタンスこんシェルジュも承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。


青森県むつ市金谷1丁目14-19
電話0175-22-2647
定休日:水曜日

 

 

涼を感じる着物 『紗袷の訪問着』

  • 2019.05.28 Tuesday
  • 18:24

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

日差しも強く汗ばむ季節となって参りました。

着物も衣替えとなり、これからは夏物・薄物シーズンになります。

 

そこで涼を感じる夏の着物をご紹介。

NO.001【紗袷の訪問着】

 

 

紗袷せの訪問着001

 

紗と紗を袷せて仕立てする着物を『紗袷(しゃあわせ)の着物』といいます。
紗の生地は一枚では薄物(7月・8月)になりますが、二枚重なっているので単衣(6月・9月)の装いにピッタリな着物になります。

 

紗袷せの訪問着005

 

真夏の一歩手前に着用するので季節が限定されますが、紗袷せは季節の変わり目を感じさせる、とても趣のある着物です。

 

紗袷せの訪問着004

 

透け感があるだけでなく、紗と紗が重なることで起こるモアレが波模様のように見えて、涼やかさを感じます。

写真の着物は絵羽模様なので紗袷せの訪問着になります。

 

紗袷せの訪問着006

 

裏側からの写真です。
実は下の生地は、かなり鮮やかに染めあがっています。
重なることで丁度良い色目になるように計算されて染められているのです。

 

紗袷せの訪問着005


下の紗生地に絵羽模様を、上の紗には市松ぼかしで染め上げてあり、重なり合うことで完成する、大変手のかかった着物です。

後藤では着物専門店ならではの夏着物を多数ご用意しております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
青森県むつ市金谷1丁目14-19
電話0175-22-2647
定休日:水曜日

 

「令和」新時代の始まり

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 21:02

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

2019年5月1日、新時代「令和」が始まりました。

 

平成から令和へ元号が変わるその瞬間をみんなで祝おう!

というイベントがむつ市で開催され、大変盛り上がりました。

 

星空平和〜光でつなぐ平成から令和〜実行委員会ポスター

星空平和〜光でつなぐ平成から令和〜実行委員会

 

そしてその様子が全国ネットで中継されたり、多くのメディアに取り上げられました。

参考情報

Web東奥 「令和」幕開け 人文字と花火で祝う/むつ

https://www.toonippo.co.jp/articles/-/185915?fbclid=IwAR0g0TIWmmHEaCv6zjoQKHJMSHuH3EY4-vBQBYeN8jiS4y5wxeqWaG2uozc

 

私も参加させて頂きましたが、この記念日を市民が一体となって盛り上がる街に住んでいる事をとても嬉しく感じました。

そして、こんな楽しい企画をしてくれる素晴らしい人材がいる街だから、これから始まる令和という時代に希望や期待を感じています。

 

そして令和最初のお客様は振袖姿のお嬢様でした♪

 

あかりちゃん振袖姿001

 

赤地に束ね熨斗文様の正統派のお振袖を身に纏い、上品でとっても素敵でした。

むつ市のお祖母様に見て貰いたいとGWを利用して関東よりお越しになったので、お祖母様もとっても喜んでいらっしゃいました。

伝統と格式のある『束ね熨斗』文様と、お祝いの赤色は最高におめでたい組合せで、まるで新しい時代を祝っているかのように感じました。

 

あかりちゃん振袖姿003

お嬢様にとっても、ご家族にとっても、当店にとっても最高におめでたい令和初日となりました。

 

 

 

#令和 #令和初日 #令和最初のお客様 #おめでとう令和 #束ね熨斗 #赤古典振袖

 

facebookもご覧ください

https://www.facebook.com/kimono510/posts/1423059691168513?notif_id=1556702844959562&notif_t=page_post_reaction

 

新しいスタート(恩師との別れ)

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 20:52

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

2018年10月

私が呉服屋さんの基本を学んだ『創作呉服しらい』の白井 尚 社長が87年の生涯を閉じられました。

 

白井社長とソロバン

( 在りし日の白井社長 )

 

白井 尚 社長はとてもカリスマがあり、当時は呉服業界で注目を集める方でした。

そんな社長の元に全国から「丁稚修行」をするため呉服屋さんの跡継ぎが集まっており、私もその一人でした。

白井社長は「あったかいね…まごころ」をテーマに商いをしておりました。
私たち修業性にも商売の道をしっかりと歩んで欲しいと言う信念のもと

・お客様の喜びを喜びとする

・員店品客

・正しい商売とは何か?

・専門店らしさとは?
など商売の基礎を教えていただきました。

振り返ってみると、

人として真っ当に生きることを徹底的に教えこまれたように思います。

今でも身体の芯まで染み込んでいると思います。

 

 

あれから18年経ち、私は自分のお店の社長になりました。

ちょうど同じ時期に、修行先のしらい呉服店が閉店することが決まりました。
専務とソロバン
( 在りし日の白井健夫専務 )
そして今年に入り社長の弟で、修業時代お世話になった白井 健夫 専務の訃報が届きました。

 

 

 

しらい呉服店写真001

2018年9月30日をもって修行先のしらい呉服店が閉店しました。

 

 

白井社長写真

そして、自分のお店が閉店した次の日、白井社長は旅立ちました。

とても不思議でしたが白井社長らしい終い方のように感じました。

 

自分の中で、一つの大きな幕が閉じたように感じています。

 

憲和とソロバン(小)


お店に伺った際にしらいの社長と専務が使っていたそろばんを譲っていただきました。

先日そのソロバンを持って写真を撮らせて頂きました。

 

 

しらいで学んだことや「あったかいね…まごころ」を胸に次の時代に向けてスタートして行きたいと思います。

そして、どうぞそこれからも私たち丁稚卒業生の頑張る姿を見守りください。

大変お世話になり、有難うございました。

 

 

むつ下北で見かけた『ゆかた美人♪』

  • 2018.06.17 Sunday
  • 20:06

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

『継承展』と重なり、報告が遅くなってしまいましたが、

和の生活マガジン 月刊誌「花saku」(きもの専門店向けの全国誌)
2018年6月号の「街で見かけた きもの美人」コーナーで、

むつ下北のきもの美人が掲載されました!

 

花SAKU2018年6月スキャン400ピクセル号

 

花SAKU2018年6月号街で見かけたきもの美人コーナー

 

 

過去には、2014年4月号で特集ページで掲載して頂いたこともありました。

花SAKU2014年4月号表紙

⇒(参考ページ:花SAKU4月号に掲載されました

 


今回はきもの美人コーナーに浴衣姿で2ページにわたり掲載して頂きました!

 

花SAKU2018年6月号街で見かけたきもの美人

 

写真はすべて店内やむつ市内で撮影したものです。
10代の可愛らしい装いがあったり、ワンランクアップの着物風に着こなしている方、ベテランの着こなしまで様々です。
皆様がご自分にぴったりな浴衣をお召しになっているのが、掲載された冊子からも伝わってきます。

 

 

 

当店の浴衣は、基本的に寸法を測って反物からお仕立てします。

いわゆるお誂えする【こだわり浴衣】となっております。
マイサイズなのはもちろん、加工法や仕立て方にもこだわり、とっても風合いが良い浴衣に仕上がります。

仕立て上がってハンガーに吊るしてある「プレタの浴衣」とは全然着心地が違います!

ぜひ皆様にも、お誂え浴衣の気持ち良さを味わって頂きたいと思います。

 


これから夏本番、今年は【こだわり浴衣】「きもの美人♪」になってみませんか?

 

 

「継承展」御礼

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 09:07

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

5月25日(金)26日(土)27日(日)、きもの後藤「継承展」を開催しました。

 

継承展看板

 

昨年社長に就任した時から、自分の中で大きな節目と考え準備してきた展示会です。

 

父であり社長である後藤義昭からバトンを譲り受けたのですが、私的には52年前に創業した初代社長、後藤マサヱの存在も大切に継承したいと思っていました。

 

また、昨年の暮れに私が5年間修行した「創作呉服しらい」がお店を閉めるとの知らせが届きました。

私が社長になったタイミングで、恩師のお店の閉店が決まったことに、不思議な巡り合わせを感じました。

 

そこで今回の「継承展」は初代から続く『後藤らしさ』を継承したい

そして、恩師から学んだ呉服の道も継承したいと思いました。

 

継承展メンバー写真

 

そんな想いで開催した「継承展」は、おかげさまで沢山の皆様にご来場をいただき、盛会に終えることができました。

多くの皆様からお祝いの気持ちを沢山頂き、心より感謝申し上げます。

また、スタッフや問屋さんをはじめ、多くの皆様の協力があるから商売を続けていけるのだと思っております。

関係各位の皆様にも心より感謝申し上げます。

 

今回の「継承展」は、私にとって物凄い励みになりました!

この感謝の気持ちを胸に、これから邁進していきたいと思います。

 

どうぞこれからも後藤を宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

新米社長にとっての『励ましの言葉』

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 23:36

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

社長に就任して半年。

当初は戸惑いも多く、社長としての覚悟も定まっていませんでしたが、沢山の方から「おめでとうございます」とお祝いをしていただき有難かったです。

そんな中、時々ハッとするような『お言葉』をかけて頂くことがありました。

 

「社長に就任したから正直言わせてもらうけど、これからの時代、もう着物は売れないよ。だから、これからどうすれば良いか、よく考えたほうがいいよ。」

 

自分の中でも薄々感じていたことをズバッと言われて、ストレート過ぎて刺さりましたが(笑)、「ほんとそうだよなぁ」と妙に納得もしました。

ある会合でのことだったのですが、その男性とはこれまで一度も話をしたことがありませんでした。

自分が社長に変わったタイミングでこんな風に面と向かって話してもらえたことが、何よりも嬉しかったです。

その上、これからの参考になるアドバイスも色々聞かせてもらいました。

 

最後に一言「ごめんよ、言いたいこと言って。」

出来る人はフォローが温かいですね。

 

 

 

また、ホームページを見てご来店頂いたお客様からは

 

「ツイッターやインスタもやった方が良いですよ!SNSで後藤さんの情報をもっと発信すれば絶対良いですよ!」

と、お客様目線で着物屋さんについて感じることを色々話を聞くことができました。

アドバイス通りお店の「インスタ」と「ツイッター」にチャレンジしようと思います。

 

さっそくツイッターとインスタグラムに挑戦することにしました。

↓↓↓↓↓

ツイッター:https://twitter.com/3daimekimono510

インスタグラム:https://www.instagram.com/kimono510

 

 

 

 

 

 

御祝の言葉001

 

そして、先日挨拶に伺った老舗料理店の店主から頂いたのが

「社長就任 大変でしょうが おめでとうございます」

 

まさに的を得たお祝いの言葉が心に響きました。

今の時代の商売人へのエールだと思い、心に染みました。

 

 

こんな風に、皆様からの思いが聞けるのはとても有難いです。

私にとって、皆さんの言葉は大きな収穫です。

これからも、皆さんから温かいお言葉、よろしくお願い致します。

 

 

この度、社長就任を記念した展示会『継承展』を開催させていただきます。

http://kimono-goto.com/event/1805sale.html

 

・と き 5月25日(金)26日(土)27日(日)

・ところ 下北文化会館

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

第5回むつまちゼミ 当店講座のご紹介

  • 2018.02.24 Saturday
  • 22:19

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

2016年から始まった『むつまちゼミ』(http://mutsuzemi.com/

第5回が開催され各講座大変盛り上がっております。

今回、当店では3つの講座を設けましたので、簡単にご紹介します。

 

まず、前回大人気だった講座『ピンチで楽々帯結び』

開催日時:2月27日(火)・3月10日(土)PM2:00〜

 

ピンチで楽々帯結び


「着物は着れるけど帯結びが大変なのよね…」と言う方は多いと思います。
そんな皆様にうってつけなのがこの『ピンチで楽々帯結び』講座です。
参加された皆様からは「目からウロコだった〜!」と大変喜ばれております。
初めての方でもちゃんとお太鼓姿が完成します!
是非一度ご参加下さい。


 

 


そして地味ながら毎回好評なのが『簡単きれい半衿付け講座』です。

開催日時:2月24日(土)・3月6日(火)PM2:00〜

 

簡単きれい半衿付け講座


いつも当店で行っている半衿の付け方を学んでいただく講座です。
半衿の付け方に正解は無いと思います。
ご自分のやり方で十分だと思いますが、シワにならないで奇麗に仕上がるポイントなどを踏まえながら当店流の付け方を学んで頂いております。

 

 

 

 

そして3つ目が今回初開催『着物姿に変身体験♪』です

開催日時:2月18日(日)・3月3日(土)PM2:00〜

 

着物姿に変身体験♪

 

この講座は純粋に「着物姿になってみたい♡」と思う方なら誰でもご参加OKと言う講座です。
お店のプロが何かを教えるとか、何かを学べるとか、作るとかいうのは全然ないです(笑)。
純粋にこの講座を通して、着物姿に変身して頂いて着物を身近に感じて貰いたい!

また、非日常の着物姿に変身することで気分をリフレッシュして頂ければ嬉しいなって思ってます。
 

 

こんな風に色んなアイディアが浮かんで、それを勢いで実行できたりするのも『まちゼミ』ならではだな〜と思います。

 

と言う事で、今回もまちゼミを通して沢山の方に出会えることを楽しみにしております。
どうぞ当店のまちゼミ、そして『むつまちゼミ』『大畑まちゼミ』を沢山楽しんでくださいね。

 

むつまちゼミ ホームページ

http://mutsuzemi.com/

 

大畑町ゼミ ホームページ

http://oohata.mutsuzemi.com/

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

きもの後藤 店舗外観

きもの後藤MAP

編集者:きもの後藤  三代目 後藤 憲和

ブログ担当の専務

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM